Design with You & for User

scroll down
リモートワークでのクリエイティブコンサルティングサービス推進のご案内
弊社は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止対策として、
小池都知事が緊急記者会見を開いた2020年3月25日の翌日午後より在宅勤務を実施しております。
弊社が従来よりご支援しているクリエイティブコンサルティングサービスにについては、
これまで培ったノウハウを基にリモートワークの形でもこれまでと変わらず推進を行っておりますので、改めてご案内申し上げます。
対象サービス

クリエイティブコンサルティングサービス全て

コンセプトデザイン システムデザイン UI/UX ディレクション(開発)
サービスのご相談やご提案など、プロジェクト進行に活用しているクラウドツール
  • 会議用ツール

    Teams
    Zoom
    WebEx
    Google Meet
    Slack
  • 課題管理ツール

    Backlog
    redmine
  • チャットツール

    Teams
    Slack
    ChatWork
  • ファイル共有ツール

    Box
    Teams
    Backlog
    redmine
    GoogleDrive
  • デザイン共有ツール

    Zeplin
上記クラウドツールをご利用いただいたことがないお客様に関しましては、弊社にて利用サポートを行っております。
ご安心の上、お声がけくださいませ。

Creative Consulting Division

すべては、ご利用いただく
ユーザーのために。

先端技術が発展し、様々な技術やツールが日々生み出されている今、
人々の暮らし方やサービスへの触れ方も多様化してきています。
そのような中でより重要になるのは、いかにユーザー体験に高い付加価値をつけられるか。
株式会社アツラエでは、常にユーザーの視点に立ち、お客様とコミュニケーションすることで、
ユーザーに幸せを届け、お客様の未来創造のお手伝いをします。

会議室

Consulting & UI / UX Design

お客様の課題やサービスの課題を
利用者視点で解決し、それをカタチにする
「クリエイティブコンサルティング」

一般的なアプリ開発にとどまらず、AIやIoTなどの新しいテクノロジーを活用し、
社内向けサービスやコンシューマー向けサービスの課題を、
コンセプトデザインやシステムデザインを経ながら、
ユーザー視点に立ったコンサルティングで解決案を生みだし、カタチにする。
それが、弊社のクリエイティブコンサルティングです。

Case Study

INFRANAVIGATION SYSTEM

三菱自動車様の新社屋での会議室の空き状況の確認、予約が直感的な操作で可能とするWebアプリの設計及びデザインを致しました。

WACOAL CARNET

大手下着メーカーである株式会社ワコール様のスマートフォンアプリを制作。

IN FIORE iPad App

株式会社アルビオン様がブランド展開を手がける「IN FIORE(インフィオレ)」の接客用アプリケーションを制作。

Services

  • CONCEPT DESIGN | コンセプトデザイン

    CONCEPT DESIGN
    コンセプトデザイン

    サービスの在るべき姿や、
    ゴールの方向性を可視化

    目に見えない課題や問題点を創出し、解決案とともにサービスの軸を作ります。また、ワイヤーフレームを検討する前に、ベースとなるデザインを制作することで、サービスのゴールの方向性を視覚的に把握することが可能です。

  • SYSTEM DESIGN | システムデザイン

    SYSTEM DESIGN
    システムデザイン

    可視化されたコンセプトを
    機能や構成へ落とし込み

    機能要件や業務要件の整理を行い、最適なシステムをお客様と共に模索します。機能一覧、ベースワイヤーフレーム、システム構成概要図を制作し、目指しているカタチの認識にブレのない状態を作ります。

  • UI UX DESIGN | UI / UX デザイン

    UI / UX DESIGN
    UI / UX デザイン

    ユーザーファーストを軸に
    最適なデザインを

    単純にワイヤーフレームを踏襲するのではなく、改めてサービスに最適なUI / UXとは何かを、デザインのプロセスで熟慮することで、新たなデザインの可能性を広げ、革新的なアウトプットをご提供します。

  • DIRECTION | ディレクション

    DIRECTION
    ディレクション

    コミュニケーションのハブとなり
    円滑にプロジェクトを進行

    案件の特性や規模に応じ、弊社が強いパートナーシップを築いているSIer/Developer各社と連携し、専門性の高いプロジェクトチームを構築。各工程を機械的に進めるのではなく、新たなアイディアや課題に対してもユーザー視点による検討や解決策を模索し進行していきます。